Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す
カテゴリーで絞り込む
ジム
健康
恋愛
美容
食べ物

健康不安に対処するための6つの実践的な方法

誰もが何らかの形で不安を感じています。不安は、緊張感、不安感、恐怖感、心配感などとして認識されます。不安障害のように一般的な不安がある一方で、社会不安や健康不安など、より具体的な問題が原因となっている不安もあります。

健康不安といっても、その原因や程度はさまざまで、人それぞれです。健康不安の原因が何であっても、生産的に対処する方法はあります。

不安そのものは、精神的な面だけでなく、身体的な面でも悪影響を及ぼします。不安はストレスや緊張、さらには炎症の原因にもなり、健康に不安を抱える人にとっては最も避けたい事態です。公衆衛生上の問題、自分自身の健康、あるいはその両方に不安を感じている場合でも、健康への不安を解消して、心身ともに元気になる方法があります。

1. Googleやヤフーで情報を調べない

Googleが自分をここに連れてきてくれたから、自分はGoogleを使っているのだとしたら、それは良いことです。ここは正しい場所です。

しかし、一日中、あらゆる兆候や症状を調べていても、何の役にも立ちません。実際、自分の病気が何であるかを調べていると、大げさに考えたり、間違った情報を得たりすることになるです。

自分は医者ではありませんし、自分で診断して症状を解決したいと思うかもしれませんが、適切な診断を下すには訓練された医療専門家が必要です。

本当に何かおかしいと思ったら、お医者さんに行って診てもらいましょう。特に深刻な症状の場合は、治療のための処方箋が必要になります。

2. 本当に信頼できる医療関係者を見つける

診断を受けている最中であろうと、単に自分が安心できる医療関係者を見つけるのが難しい場合であろうと、自分が安心してサポートを受けられる医師や歯科医師、専門家を見つけることは、医療システム全体での経験をより良いものにします。

お医者さんや歯医者さんに行くことに不安を感じている方も、一般的な健康上の不安を感じている方も、安心して話を聞いてくれる人が必要です。

3. リラクゼーションテクニックを使う

不安を解消するには、古典的なリラックス法が有効です。人や状況によって効果のあるテクニックは異なりますが、マインドフルネス、瞑想、グラウンディング、深い呼吸法などを使うと、少しの間でも自分の心を取り戻し、神経を落ち着かせることができます。

吐く息を長くしたり、深く腹式呼吸をしたりする呼吸法は、簡単に覚えられるのでおすすめです。さらに、マインドフルネスを使うことは、医者の診察や活発な症状などの外部からの刺激があまりなく、不安を感じている時には最適な選択です。そのため、不安な気持ちよりも、自分の周りや体の中で起こっていることに集中することができます。

4. 自分の気持ちを認め、体の声に耳を傾ける

事前に診断を受けたり、細かい症状を気にしたりすることは、最も生産的な行動ではないかもしれませんが、実際に自分の気持ちを確認し、その場で自分の体の声に耳を傾けることは、身体的にも心理的にも重要です。

そうすることで、医師や医療関係者とのコミュニケーションが円滑になり、自分の観察眼に少しでも自信を持てるようになるのです。

5. 他のことに意識を向ける

問題を無視したり、気を紛らわしたりすることは、すべての問題に有効な解決策ではありませんが、瞬間的な不安には有効な解決策となります。自分には、健康への不安に支配されることなく、普通の生活を送る価値があります。

映画やゲーム、楽しい仲間との時間など、ちょっとしたことに意識を向けるだけでも、不安な気持ちから楽しいことに意識を移すことで、少なくとも気持ちは少し楽になるはずです。

6. メンタルヘルスを整える

もちろん、体の不調を感じたら、医師の診断を受けることが大切ですが、不安を感じるパターンがある場合、あるいは長期的に健康状態が悪くなっている場合は、自分の内面に目を向けてみることも有効です。

まだセラピストをお持ちでない方は、セラピストを探してみてはいかがでしょうか。心の健康は、健康の中でも最も重要な要素の一つであることを忘れないでください。

健康不安の管理

不安は楽しいものではありませんが、不安を抱えているのは自分だけではありません。健康不安には様々な形がありますが、自分に合った方法で対処することができます。

呼吸法を使ったり、セラピストに相談したりして、自分なりの落ち着きを見つけてください。

健康
健康情報が満載!人気の役立つおすすめ情報もお届けします。