Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す

自動車安全点検のチェックリスト

自動車の安全性を検査することは、中古車を購入する際に最も重要なことの1つです。このプロセスで重要なのは、車の見た目を無視して、その根本的な機能性を検査することです。なぜ外見を無視するかというと、多くのディーラーが車を工場出荷時の外観に修理することがあるからです。

しかし、そのような車は、骨格や車のコンピュータに問題がある可能性があり、安全とは言えません。また、車の安全性を確認する場合は、自動車検査員の免許を持つ人に検査を依頼するのが一番です。自動車に詳しい人でも、細心の注意が必要な部分にアクセスするのに必要な機械を持っていないかもしれません。

1.内装

シートベルト
安全のためには、もちろんシートベルトが機能していることが重要です。チェック方法は、車内の各シートベルトを締めたり外したりするだけです。ベルトが正しく掛けられない、不意に引っ掛かる、あるいは全く動かない場合は注意が必要です。

クラクション

クラクションは、自分が近くにいることを他のドライバーに知らせる最も効率的で効果的な方法です。特に、ドライバーの死角に自分がいる場合は注意が必要です。車の購入を検討する際には、クラクションを何度か使ってみることをお勧めします。これは、ホーンが動作するだけでなく、それが他のドライバが聞くのに十分な音量であるかどうかを評価することができることを確認します。

デフロスター

フロントとリアのデフロスターがきちんと付いていない車は迷惑です。冬には霧や霜で視界が悪くなり、事故の可能性が高まるため、安全上も危険です。チェックするには、フロントとリアのデフロスターの両方をオンにします。次に、両方の場所から熱風が吹き出していることを確認する必要があります。

エアバッグ

エアバッグが作動しているか、中古品でないかを確認したい場合は、ASAPモバイルの購入前車検を行う整備士に車両を見てもらうとよいです。そうすることで、すべてのセンサーが動作していることを確認できます。

2.ブレーキ

安全のためには、ブレーキが正常に作動していることが必須です。ブレーキをテストするために最初にすべきことは、車を走らせることです。この速度に達したら、まず後ろに誰もいないことを確認し、車を停止させます。ペダルやブレーキに脈動を感じたら、ほとんどの場合、ブレーキを交換する必要があります。

非常ブレーキの点検方法は、坂道の上からニュートラルにして、坂道を転がり落ちるように走らせることです。車が転がり始めたら、非常ブレーキをかけるだけで車を止めることができます。ブレーキが止まらず、車両が固定されない場合は、非常ブレーキの修理が必要です。

3.バンパー

バンパーは、衝撃を吸収するように設計されているため、事故時に自分と車の安全を守るための重要な部分です。フロントとリアのバンパーをチェックするときは、バンパーが取り付けられているか、破損の形跡がないかを確認する必要があります。

4.ライト類

ブレーキが正常に作動すれば安全が確保できるように、夜道を明るく照らすライトも安全確保に重要です。ヘッドライトを点検するときは、ハイビームとロービームの両方をチェックするようにしましょう。また、ケーシングにひび割れがないか、結露していないかなどもチェックしましょう。

テールライトをチェックするときは、テールライトが作動すること、ケーシングにひび割れがないことを確認すること。また、ブレーキランプが正常に作動することを確認する必要があります。そのためには、ブレーキをかけたときにライトの点灯を誰かに見てもらうとよいです。

最後に、左右のウインカーが作動するかどうか確認してください。もちろん、ダッシュボードにあるターンシグナルも確認する必要がありますし、車両の後部と前部にある左右のターンライトも確認する必要があります。

こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
       
    タイトルとURLをコピーしました