Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す

呪術廻戦(芥見下々)

5.0
あらすじ:見た目は普通の若者だが、その圧倒的な体力には目を見張るものがある虎杖悠仁。どのスポーツクラブからも勧誘されるが、板鳥は学校の落ちこぼれである「オカルト研究部」に所属していた。ある日、部員たちは封印されていた呪われた物体を手に入れることに成功する。封印を解いた時の恐怖は計り知れない。
詳細情報
名称呪術廻戦(芥見下々)
カテゴリ漫画

『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による漫画。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。略称は『呪術』。

著者芥見下々
出版社集英社
掲載誌週刊少年ジャンプ
巻数1巻〜17巻

Amazonをチェック

楽天市場をチェック

4.6 rating based on 8 ratings

5つ星のうち4.6

レビュー・口コミ評価 (8件)
  1. みいな より:

    読み進めていくうちに、キャラクターが成長し、それぞれの背景が明らかになっていきます。登場人物の多くは、過去に多くのトラウマを抱えています。私はこの点をとても気に入っています。なぜならば、薄っぺらなステレオタイプの雰囲気がなくなるからです。背景や過去は、明らかに詳細に検討されており、成長と深みを考慮して特別に調整されています。シリーズの中で最も成長しているキャラクターだと思います。主要キャストのほとんどがよく書かれており、その三次元性のおかげで常に興味深いものとなっています。

    5.0 rating

  2. NATSUKI より:

    少年漫画とホラーの融合は、とても魅力的です。他にも『チェーンソーマン』や『約束のネバーランド』など、有名な漫画やアニメがこのポップで異例のブレンドを使用しています。これらの作品には共通点があり、それは魅惑的なオリジナリティである。多くの側面に当てはまりますが、登場人物にはあまり当てはまりません。しかし、明らかにステレオタイプであるにもかかわらず、ユニークで面白いという紛れもない魅力があります。これは、深みのある魅力的な性格の一部です。

    4.0 rating

  3. るあ より:

    呪いを打ち負かすことにワクワクしたり、経験のない呪い使いが大きなものと戦うことにすごく緊張したりしました。それが、読んでいて楽しいし、気が利いていると思います。学校や病院のような場所では、人は負のエネルギーをより多く出すので、呪いのエネルギーをより多く持っているというのは、私には考えられませんでした。それはとてもクリエイティブなことだと思います。パワーシステムやトレーニングは少年漫画のジャンルでは目新しいものではありませんが、パワーシステムや邪悪な悪役を作り出すため、自動的に魅了されました。

    4.0 rating

  4. さくら より:

    戦いと呪われたエネルギーについて言えば、巧妙な世界構築と現実と超自然現象の素晴らしい融合につながります。
    呪術廻戦は現実世界を舞台にしていますが、呪い、負と正のエネルギー、魔術、超自然的なものという考えを強化しています。この点自体は珍しいことではありませんが、この超自然現象や幽霊の表現を、アクション性の高いものにしています。これは、独創的なシステムの使用から始まります。

    ほとんどの人は自分の呪われたエネルギーを持っていますが、中には他の人よりも多く持っている人もいますし、それぞれの人が呪われたエネルギーを利用するための独特のスキルを持っています。しかし、中には呪いのエネルギーを持っていない人もいて、その場合は呪いの道具を使ったり、自分の力に頼って呪いを祓ったりします。呪いのエネルギーを使う能力、呪いを見る能力、呪いを消す能力、これらすべてがキャストに影響を与えます。これだけでも、各人がどのように自分の力を使うのか、どのような訓練をして使うのか、自分のランクや技量に応じてどのように呪われた霊に対抗するのか、夢中になってしまいました。

    5.0 rating

  5. ヒロ より:

    心躍るような漫画です。まだ完結していませんが、興味を持ってもらうために、この漫画のこれまでの良い点を述べたいと思います。私がこの漫画で気に入っているのは、そのアートスタイルです。「チェーンソーマン」を彷彿とさせますが、もっとディテールにこだわっています。大雑把だけど洗練されていて、戦闘シーンになると絵が本当に輝いてます。様々な種類のユニークなパワーがあり、パワーシステムの様々な使い方が戦いを面白くしています。キャラクターたちが戦っているときには、常に新しいパワーが明らかにされたり、新しいスキルが披露されたりします。どの戦いも、次に何が起こるのかとページに釘付けになりました。常に緊張感が漂い、ページをめくる手招きをしていました。戦いはそれだけスリリングです。

    5.0 rating

  6. じゅん より:

    最初に読んだときは、ありきたりな少年漫画で、ありがちな筋書きやキャラクターの特徴を備えているように思えました。固定観念を持つことは決して悪いことではありませんが、これらの固定観念や典型をどのように実行し、利用して、物語に適合させるかが重要であり、それによって輝きを失うことはありません。個性的で面白いキャラクターを生み出し、同時に、主人公の死が迫っていることを観客に伝えています。

    4.0 rating

  7. ゆう より:

    アートは少し変わっています。超絶的にユニークというわけではありませんが、典型的な萌え・可愛い系のスタイルとは違うので、物語の全体的な雰囲気によく合っています。絵の評価が高くなかったのは、たまにパースやプロポーションが少しずれていたからです。しかし、それは決してひどいものではなく、悪いものでもありません。

    私が知ったのは、アニメがきっかけでした(ちなみに、このアニメは漫画の内容をよく理解しています。)
    ただ漫画に飛びつき、次の展開を見続けなければなりませんでした。私は後悔していませんし、後悔することはないと思います。

    5.0 rating

  8. あゆ より:

    この作品は、私がこれまでに最初から現在の章まで繰り返し読んだ数少ないマンガの一つです。

    このシリーズには何か奇妙な中毒性があります。それはストーリーのテンポの良さかもしれませんし、キャラクターの気まぐれな性格かもしれません。それぞれのキャラクターには個性があり、それがまた面白い。脇役であっても、もっと知りたいと思ってしまいます。

    このマンガには、無駄なものがありません。呪いに関する会話では、常に何かしらの深い哲学的な対立が見られますし、戦闘シーンはそれぞれテンポが良く、ストーリーに完全にマッチしています。アクションもキャラクターの成長も、いつまでも引きずることなく、十分に盛り込まれています。

    5.0 rating

こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
       
    タイトルとURLをコピーしました