Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す

進撃の巨人(諫山創)

5.0
あらすじ:1世紀以上前、人類は、理由もなく無差別に生きたまま人間を食らう、知性も起源も不明な巨大生物「巨人」に食われてしまった。残された人々は、巨人を寄せ付けない多層構造の都市を建設し、その周辺をパトロールして謎の敵に関する情報を収集するための軍人を養成することで、この100年間をなんとか生き延びてきたのである。エレンとミカサは比較的平穏な生活を送っていたが、巨大な巨人の出現により外壁が破壊され、恐怖の波が押し寄せたことで、彼らの生活は一変してしまう...。
詳細情報
名称進撃の巨人(諫山創)
カテゴリ漫画

『進撃の巨人』は、諫山創による漫画作品。

著者諫山創
出版社講談社
掲載誌別冊少年マガジン
巻数1巻〜34巻

Amazonをチェック

楽天市場をチェック

4.7 rating based on 9 ratings

5つ星のうち4.7

レビュー・口コミ評価 (9件)
  1. あーちゃん より:

    私に計り知れないほどのノスタルジーを与えてくれます。第1章から139章までの間にどれだけ改善されたかを見ると、ここまで来れたことに誇りを感じます。私の心の中に永遠に残る作品です。

    5.0 rating

  2. かえで より:

    諫山氏は、どれだけ前もって考えていたのかと驚くほど、多くの伏線を張っていました。冒頭、第1章からずっと。それを考えていました。私はシリーズに多大な敬意を払っています。

    5.0 rating

  3. るめぞう より:

    この漫画は私に多大な影響を与え、その後に読んだり見たりする全てのアニメや漫画に影響を与えました。これに勝るものはありません。

    14~15歳の頃から読み始めて、大人になってからこの作品がなくなるのを見ると、投資した8年間の価値があったことがよくわかります。

    5.0 rating

  4. ちょこ より:

    ついに終焉を迎えました。まさに、ひとつの時代の終わりです。

    私が初めて好きになったシリーズで、読んでいるうちに心が折れてしまいました。この気持ちを最後まで持続させるために、読むのをやめてから最後の一節を読みました。

    4.0 rating

  5. いちごみるく より:

    私にもたらされるべき効果を得られなかったかもしれませんが、私はちょっとがっかりしました。最後にみんなが幸せになったのを見て嬉しかったのですが、私には納得のいく締めくくりができませんでした。エレンのキャラ設定も無駄だったし。巨人の継承期間(?)が終わっても、エレンが生きられる方法を見つけてほしかったです。

    また、タイムトラベルなどのおかしな理論がたくさん出てきましたが、私は漫画の続きを読んでいないので実際に起こったかどうかはわかりませんが、そうではなかったように思います。全体として、依然として素晴らしい漫画であり、アニメ界に大きな影響を与えました。

    5.0 rating

  6. あかり より:

    正直に言うと、私がこれを読んだ理由は、親友が好きだからです。また、私はグロテスクなものが好きではありませんが、それでも可能な限り客観的に見られるように最善を尽くしますので、ご了承ください。

    人類が巨大な壁に囲まれた都市に住んでおり、その壁が巨大な人食い巨人から人類を守っているという世界が舞台です。

    さて、このようにまとめると、とてもわかりやすいですよね?しかし、ストーリー自体は複雑です。例えば、最初の数章では、主人公は母親が巨人に食われるのを見て、軍隊に入り、巨人に食われ、そして自分も巨人になってしまう。他の部分では、1つの戦闘シーンが数章に渡って描かれることもあります。私にとっては、ストーリーがとてもわかりづらく、世界観の構築や伝承にも時間がかかっていました。

    4.0 rating

  7. みずき より:

    私はこの物語が本当に大好きで、今まで読んだ物語の中で一番だと思っています、マジで。理論を作ったり、他の人と議論したりするのはとても楽しかったし、もちろん、たくさん泣きました。さらに、壮大で衝撃的な瞬間がたくさんあって、筋書きもたくさんあって、道にまつわるすべてのこと(少なくともほとんどのこと)が、私の心を揺さぶりました。諌山氏が人生の教訓を与えようとしたことも、各キャラクターの物語を少しでも見せてくれたことも、とても気に入っています。

    5.0 rating

  8. ゆたか より:

    この漫画はついに終わりを迎えました。

    何と言えばいいのか……この作品は、私にとって大きなジェットコースターでした。泣いたり、笑ったり…。

    ただ、あと2つだけ言いたいことがあります。

    諫山創さん、この傑作を作ってくれてありがとうございました。

    5.0 rating

  9. 杏奈 より:

    これは私にとって難しい作品でした。というのも、人食い巨人が人類を絶滅に追い込むというシュールな世界観は私にとって斬新で、しかもその巨人が悪夢の燃料だからです。

    だからこそ、地下室が公開されて、このシリーズの素晴らしさがすべて台無しになったときの私の失望を想像してほしい。もはや巨人の話ではなく、「敵への共感」についての巨大な演説会になってしまった。その後、ストーリーは私が共感できないキャラクター(戦士)にシフトし、私が好きなキャラクターを否定的に描き、最終的には私がずっと好きだったキャラクター(ミカサ)を台無しにしてしまいました。

    要するに、諫山氏は巨人のシナリオを貫くべきだったのです。それは人間対人間の戦いよりもはるかに面白く、はるかに魅力的で、はるかに独創的なものでした。

    4.0 rating

こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
       
    タイトルとURLをコピーしました