Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す

チェンソーマン(藤本タツキ)

4.5
あらすじ:貧乏生活を送っていたデンジは、ペットのチェーンソー犬ポチータと合体したことで一変。今では大都会に住み、正式なデビルハンターとして活躍しています。しかし、彼は新しい仕事とチェーンソーの力について多くのことを学ばなければなりません。
詳細情報
名称チェンソーマン(藤本タツキ)
カテゴリ漫画

『チェンソーマン』は、藤本タツキによる漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部は『少年ジャンプ+』(同社)にて連載予定。

著者 藤本タツキ
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ(第1部)
少年ジャンプ+(第2部予定)
巻数1巻〜11巻

Amazonをチェック

楽天市場をチェック

4.4 rating based on 7 ratings

5つ星のうち4.4

レビュー・口コミ評価 (7件)
  1. えむ より:

    明らかに、完全に理解していないにもかかわらず、この漫画を最後まで読むことができたのであれば、私を読ませ続けた何か別の魅力があるはずです。つまり、『チェーンソーマン』は、スピード感のあるシリアスな展開が好きな人におすすめのマンガ。そして、その中にはユーモアもある。第2弾が発売されたら、喜んで待ちたいと思います。

    5.0 rating

  2. あーる より:

    チェンソーマンは、少なくとも素晴らしいキャラクターのために、一読の価値がある作品です。私にとってデンジは、今まで見たアニメや漫画の中で最も親しみやすい主人公です。ユーモアのセンスや、10代の頃の願望に共感しています。しかし、性的な暗示や下品なユーモアにすぐに飽きてしまう人には、この漫画は最適ではないかもしれません。物語の最初のいくつかの部分では最も頻繁に登場し、実際、かなりの間、プロットの原動力となっていますが、物語がより重く、より激しい戦いになってくると、それは少し落ち着きます。

    4.0 rating

  3. ななこ より:

    明確ではないにもかかわらず、キャラクター間のやりとりや状況に対する反応を見ることで、混乱していなくても読み続けることができるほどシンプルでした。膨大な数の登場人物たちは、個性的でわかりやすい容姿でよく書かれています。全員の間で次に何が起こるのかを見るのは非常に楽しいことで、これはあらゆる物語の重要な要素です。この点と、単純なプロットとよくできたユーモアのおかげで、私は最後まで読み続けることができました。

    5.0 rating

  4. UA より:

    何も言わなくても、プロットは明らかによく練られていて、多くのひねりや、予想外だが正当化される死があり、物語を面白くしていました。しかし、残念なことに、ストーリーの展開が非常に曖昧で、テンポが悪く、読者に伝わりにくいです。そのため、ストーリーを追うのが難しく、記憶にも残りにくいです。特に漫画の後半では、多くの出来事が単に起こっただけで、完全には(少なくとも直接的には)説明されず、読者が自分で解釈するようになっていました。これは私の得意とするところではありません。すべての人に当てはまるわけではないかもしれませんが、読んでいる途中で何度も心が折れそうになりました。実際、この漫画を再読するのは、説明のため。そして、単純に楽しかったからです。

    4.0 rating

  5. やす より:

    私がこの漫画を読もうと思ったのは、アートスタイルとキャラクターデザインが主な特徴でした。藤本さんの描き方はとても魅力的で、色のついた2枚組のページを見ただけで、他のことをあまり知らずに『チェーンソーマン』を調べて、最終的に読み始めました。私は人を喜ばせるのが好きだと思われているかもしれませんが、ユニークなアートスタイルは私の大きな魅力のひとつです。興味をそそるあらすじは、私にとって最高の贈り物でした。

    4.0 rating

  6. のぶやん より:

    正直に言います。これは決して悪い漫画ではないし、むしろとても良いと思います。しかし、人々はそれを過大評価しています。主人公のデンジは、アニメでも漫画でも、ここしばらくで見た中では最高のメカニックです。しかし、ストーリーはそれほどでもない。確かに面白いですが、過大評価されていると思います。

    4.0 rating

  7. あおい より:

    物語のテンポが良いので、読み進めやすいです。この作者はキャラクターを殺すことをためらわない。これは私の意見では大きなプラスです。少年漫画のジャンルが示している大きな問題の一つは、人々が本当に愛しているかもしれないキャラクターを殺すというリスクを取ることを好まないことです。敵チームは簡単に殺すが、味方チームはあまり殺さないようにしたりして、この漫画をより良いものにしています。美術スタイルもとても美しく、ある戦闘シーンでは、戦闘だけでなく、その戦闘シーンの美術スタイルも気に入って満点をつけました。

    5.0 rating

こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
       
    タイトルとURLをコピーしました