Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す

約束のネバーランド(白井カイウ)

4.5
あらすじ:外界から隔絶された孤児院で暮らすエマ、ノーマン、レイをはじめとする「きょうだい」たち。世話役のママに見守られ、友達に囲まれた魅力的な生活を送っていた彼らは、12歳になると里親のもとへ旅立つ。唯一のルールは、社会から隔離された門の外に出てはいけない、ということ。しかしある日、子供たちは短い人生に待ち受ける本当の恐ろしさを知ることになる...。
詳細情報
名称約束のネバーランド(白井カイウ)
カテゴリ漫画

『約束のネバーランド』は、白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による漫画。略称は「約ネバ」

著者白井カイウ
出版社集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
巻数1巻〜20巻

Amazonをチェック

楽天市場をチェック

4.4 rating based on 10 ratings

5つ星のうち4.4

レビュー・口コミ評価 (10件)
  1. ゆめ より:

    全体的には、「約束のネバーランド」は、ユニークでエキサイティングな冒険に連れて行ってくれて、その間ずっと想像力をかきたてられるような素晴らしい物語です。冒険や超自然現象が好きな人には間違いなくおすすめできる作品で、老若男女誰が読んでも楽しめる作品だと思います。

    5.0 rating

  2. ゆっこ より:

    それぞれのキャラクターが個性的で、同じようなキャラクターは一人もいませんでした。例えば、エマとレイはそれぞれ面白い個性を持っていて、それが物語をよりエキサイティングなものにしていました。

    5.0 rating

  3. 花梨 より:

    ストーリーと同様にアートも素晴らしく、キャラクターを無邪気で陽気に見せつつ、ダークでミステリアスにも見せるスタイルが気に入りました。唯一の欠点は、ほとんどの悪役の頭が体と釣り合っていないことですが、それ以外のスタイルは素晴らしいです。

    4.0 rating

  4. あい より:

    普段ホラーはあまり好きではないのですが、この作品は非常に面白かったです。非常に強力なプロットで、ほとんど穴がなく、次の展開を予測するのが難しいです。

    4.0 rating

  5. かずまさ より:

    キャラクターは一貫性がなく、「曲がった」形で描かれています。これは悪い解剖学的手法ではありませんが、芸術的にも良い選択ではありません。しかし、私が気に入っているのは、それぞれのキャラクターが個性的でユニークなデザインをしていることです。背景もすごくいい。ディテールがしっかりしていて、作者は陰影を使って雰囲気を出す方法を知っています。

    4.0 rating

  6. こはく より:

    一部の例外を除いて(それも都合のいい時だけ)、グレース・フィールドの子供たちは全員役立たずです。彼らは第1章から登場しているが、あまりにも無関係で忘れ去られており、名前すら覚えていないです。

    要約すると、「約束のネバーランド」は、キャラクターを成長させたり、深みを与えたりするよりも、物語の側面に焦点を当てています。

    4.0 rating

  7. 東雲 より:

    主人公のエマは、他の2人に比べて魅力に欠けています。主人公のエマは、他の2人に比べて魅力がなく、一般的な性格で、ノーマンやレイと並んでトップの生徒であることを証明するようなことは何もしません。物語の最初の方では、彼女が怖い一面を見せることもありました。しかし、なぜか作者はそのような面を見せることなく、完全な少年漫画の道を歩むことになりました。これには憤りを感じます。操りや戦略が常に存在し、必要とされる物語において、エマのスキルを探らないのはもったいないです。

    4.0 rating

  8. はるぽん より:

    作者は、敵が人間のように考え、行動することをほのめかしていますが、それを掘り下げてはいません。倫理的ではないという話をしている間に、動物に対する人間の偽善と自己中心性を追求していない。なぜ、この2つのグループを応援しなければならないのだろうか?もうひとつの欠点は、このマンガが時々予測可能なことで、アニメのストーリーに慣れている人には簡単に推測できてしまうことです。

    5.0 rating

  9. まどか より:

    問題を解決するために、白井カイウは戦略とアクションの両方を織り交ぜています。確かにこの漫画は、他の少年漫画のようにキャラクターが拳ではなく頭脳を使うことに重点を置いていて、それはそれで面白いし楽しいのですが、世間で言われているようなデスノートの潔癖さと比較するのは極端な誇張です。

    4.0 rating

  10. まう より:

    多くの人が「約束のネバーランド」を話題にしていたので、読んでみることにしました。過大評価されていますが、だからといって悪いわけではありません。

    約束のネバーランドは、常に何か面白いことが起こっているので、読者を夢中にさせるエキサイティングな物語です。疑問が解決され、パズルが解かれると、各アークで新たな問題が現れ、読者は次の展開が気になって仕方がなくなります。作者は、無意味なストーリーラインで時間を無駄にすることはありません。あるキャラクターが画面に登場しなければならない場合、それはストーリーの進行に沿って起こります。経験することはすべて、後になって関連性と目的があります。

    5.0 rating

こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
       
    タイトルとURLをコピーしました