Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す

ワールドトリガー(葦原大介)

4.5
あらすじ:地球は異次元から来た無敵のモンスター「ネイバー」の脅威にさらされていますが、私たちの生活を破壊しています。少なくとも、私たちにはエイリアンのテクノロジーを利用して反撃するボーダーのエリート戦士たちがいます。主人公の三雲修は最高のエージェントではないかもしれませんが、私たちが知っている地球上の生命を守るために必要なことは何でもします。しかし、気性の荒いヒューマノイドの隣人、ユマと出会ったとき、治は自分が正しいと思っていたことをすべて覆されてしまう。天敵である2人は、果たして友達になれるのか?
詳細情報
名称ワールドトリガー(葦原大介)
カテゴリ漫画

『ワールドトリガー』は、葦原大介による少年漫画。

著者葦原大介
出版社集英社
掲載誌週刊少年ジャンプ(WJ)
ジャンプスクエア(SQ)
巻数1巻〜24巻

Amazonをチェック

楽天市場をチェック

4.7 rating based on 3 ratings

5つ星のうち4.7

レビュー・口コミ評価 (3件)
  1. 楽論 より:

    ワールドトリガーは、私の「読みたい」リストにずっと入っていたマンガです。これまでに読んだ少年漫画のほとんどが好きだったし、タイトルがかっこいいと思ったからです。平行世界から人工的に作られたモンスターがワームホールを通ってこちらの世界にやってきて、物を破壊したり人を誘拐したり殺したりします。
    私たちの世界は、「ボーダー」と呼ばれる組織を通して、これらの「隣人」の技術を盗んで反撃します。
    美術面では、特に目立った特徴はありません。キャラクターデザインはすべて典型的な少年漫画で、特に悪いものはないが、良いものもない。特に悪い顔はありません。一方、モンスターはクールに見えます。

    5.0 rating

  2. そらずき より:

    この種のストーリーでは、結末が非常に重要になるので、この漫画を評価するのは難しいです。結末までにキャラクターや世界観、ストーリーがどれだけ発展するかにかかっています。

    何が解決され、何が解決されないのか。しかし、現在進行中の作品ですが、更新されるたびに私の興味を引き続け、刺激を与え続ける能力がこの作品を際立たせています。これからもこのように良い作品であり続けて欲しいと思います。

    5.0 rating

  3. たっぺい より:

    ワールドトリガーには、好きな明快さと目的意識があります。

    たくさんのキャラクターやサブプロットを扱っていますが、すべてが有機的で、楽で、読者にとって理解しやすい感じを維持しています。

    戦闘シーンはクリエイティブで賢く、正直とても楽しいです。世界観の構築がとても楽しく、キャラクターもとても楽しい!全員に興味があり、全員についてもっと知りたいと思っています。

    4.0 rating

こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
       
    タイトルとURLをコピーしました